海上速達便

03-15-2022

【中国輸入】中国越境ECで成功するポイントとは?中国から輸入する方法や注意点

INDEX

中国越境EC成功ポイント

中国のEC市場は、アリババが代表するようなプラットフォーマーが利用者の利便性を向上させ、売買のプロセスを効率化した事によって、中国の取引市場が開かれてきています。そのため、企業だけでなく個人でも、中国から商品を仕入れる事ができるようになり、越境ビジネスを始める人が増加しています。とくに、中国大陸は、立地的に日本からも近いことや、「世界の工場」と言われるように豊富な商品を持つことから、越境ECビジネスの仕入先に最適な場所です。 

 とはいえ、中国越境ECを始めたばかりの方のなかには、輸入ビジネスをどのように成功させればよいのか悩まれている方も多いのではないでしょうか。そこで、本記事では、中国越境ECで成功するためのポイントや中国から輸送する際の注意点、輸送方法について詳しく解説します。  

 

中国越境ECで成功するポイント

中国越境ECで成功するためには、中国から輸入した商品を日本国内で売らなければなりません。まずは、中国越境ECで成功するために意識しておきたいポイントを3つ紹介します。  

 

《どの商品が売れやすいのかをリサーチする》

1つ目のポイントは、日本国内でどのような商品が売れるのかをリサーチすることです。中国に限らず、越境ECでは、仕入れ国で人気な商品を輸入してみた結果、日本国内では全く売れないということが頻繁に起こります。 

日本で売上を達成するためには、日本で人気が出そうな商品や、元々需要が高い商品を中心に仕入れなければなりません。そこで、各ECモールやECサイトで現状売れている商品をリサーチしたうえで、類似商品や、競合商品よりも優位性の高い商品を選定するようにしましょう。 

 

《日本国内で販売する方法を考える》

次に、日本国内で商品を販売する方法を考えましょう。一般的には、大手ECモールを使うことが多いですが、競合も多いことから、必ずしも期待どおりの結果を得られるとは限りません。また、ECモールやショッピングサイトで出店すると、売上に対して手数料を取られるため、最終的な利益も減ってしまいます。 

 一方で、ECモールではなく、個人でECサイトを運営する方法も挙げられます。個人運営のECサイトの場合、自社の商品のみを出品できるほか、売上に対する手数料を抑えられるのがメリットです。しかし、ECサイト自体の知名度がないまま始めると、そもそも検索に引っかかる確率が低くなり、思うように売上を伸ばせない可能性に注意しなければなりません。 

上記のように、ECモールと個人のECサイト、それぞれのメリット・デメリットを確認し、最適な方法で商品を販売しましょう。 

 

《マーケティング戦略を整える》

最後に、マーケティング戦略を整えることも大切です。すでにECサイト自体の知名度も高く、話題性が高い商品であれば、そこまでマーケティングを徹底しなくても、商品が売れる可能性があります。 

しかし、ECモールに出店したばかりや個人でECサイトを立ち上げる場合、商品を周知させるためにも、Webマーケティングを強化しなければなりません。具体的には、SEO対策、インターネット広告の運用、SNSを使った拡散、消費者の口コミといったマーケティング戦略が挙げられます。 

 ただし、マーケティング施策を行う際には、効果が出るために最善の方法を取ることが重要です。マーケティング知識がないと、目に見えるような効果も出にくいことから、予算に応じて、専門の業者に依頼することも検討しましょう。 

 

中国から商品輸入する際の注意点

中国越境ECでは、上記で挙げたポイントだけでなく、注意点も把握するようにしましょう。中国から商品を輸入する際に気をつけておきたい点をまとめます。 

 

《両国の法律・規制を確認する》

中国から商品を輸入するときに、日本・中国両国の法律や規制を確認しなければなりません。たとえば、日本国内への輸入が禁止されている商品を輸入すると、法律で裁かれる可能性があります。 

 また、逆に不要となった商品を中国に送り返す際や、中国でECビジネスを始める場合、日本で輸出を禁止にしている品目に加え、中国側で輸入を禁止している品目をチェックすることも必要です。 

 参考:日本国税関「輸出入禁止・規制品目」 
https://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm 

 

《輸送日数を調べる》

越境ECを含む輸入ビジネスで成功するためには、中国から日本に商品が届くまでの日数を確認します。在庫に余裕がある商品であれば問題ありませんが、頻繁に売れる商品の場合、早めに輸入をしておかないと機会損失につながるためです。 

 輸送日数が不安な方は、競合他社が利用している輸送方法や、信頼できる輸送業者を選定することも考えるようにしましょう。また、中国の代行業者に依頼する場合には、中国語の勉強も必要です。

 

《輸送料金を調べる》

越境ECでは、輸送料金の見積りを取ることも忘れてはいけません。輸送料金が予想以上に高くなってしまうと、日本国内で販売する売値も調整しなければならないためです。 

基本的に、輸送料金は、日本に到着するまでのスピードや、輸送する商品の重さに応じて高くなります。あらかじめ輸送料金をチェックし、十分な利益が出るように輸送手段や一度に輸送する量を変更しましょう。 

 

中国から商品を輸入する方法

中国越境ECの成功は、日本国内での販売戦略はもちろん、輸送方法が重要な鍵となります。越境ECで主に使われている航空便や船便のメリット・デメリットについて紹介します。 

 

《航空便》

航空便とは、航空機を使って商品を輸送する方法です。世界各国に向けて最短で1〜3日程度で輸送できる一方で、コストがかかってしまう点がデメリットです。 

また、航空便と言っても、日本郵便が運営するEMSをはじめ、FedEx・DHLといった輸送業者など、多くの手段があります。それぞれの特徴やコストを把握したうえで、どの業者に依頼するかを選定します。 

 

《船便》

船便は、仕入れ国から船で輸送する方法です。航空機を使わないため、中国から日本への輸送に3ヶ月近くかかることがあります。 

 ただし、一度に多くの貨物を輸送できることから、航空便よりもコストを抑えられるのがメリットです。実際に日本で販売するまでに時間がかかるため、輸送日数を気にしない場合や、可能な限り多くの利益を確保したい場合に適しています。 

 

中国越境ECは海上速達便がおすすめ

中国越境ECで成功するためには、日本国内でのマーケティング戦略を整えるだけでなく、中国からの輸送方法や注意点に気をつける必要があります。とくに、輸送方法を誤ってしまうと、コストがかさんでしまうほか、想定以上に日数がかかり、売上にも悪影響を及ぼす形となります。 

 そこで、輸送方法に悩まれている方は、海上速達便の利用をおすすめします。海上速達便は中国輸入特化型の国際輸送サービスで、航空便より輸送料金は安く、かつ船便よりもスピードが速いため、企業だけでなく、個人事業主としてで越境ECを行う方でも利用しやすいのが特徴です。 

また、海上速達便サービスは2022年3月現在で、上海・青島・石島・天津・大連・広州・東莞・厦門といった、さまざまなエリアからの輸送に対応しています。

航空便よりもコストを下げたい方や輸送日数を安定させたい方は、この機会にぜひお問い合わせください。  

 

Share this post on
Facebook
Twitter
LinkedIn
ー お問い合わせ ー