海上速達便

- 海上速達便 -

【中国輸入ビジネス 入門】寧波の主なコンテナターミナル

【中国輸入ビジネス 入門】寧波の主なコンテナターミナル

寧波海運取引所によると、2020年の港の取扱量は、大連と上海を除いた全ての港で、2019年の数量を上回ったと言っています。

また、寧波から北米向けの運賃は上昇を続けています。2020年の10月の運賃は、寧波港からロサンゼルス港向けは、40フィートコンテナの運賃として、平均3,966ドル、チャールストン港向けには、40フィートコンテナの運賃として、平均4,764ドルで、2020年9月の運賃から、わずかに上昇しました。

寧波港の貨物の数量が増えている要因のひとつに、海上鉄道輸送があります。2020年12月、新たに江西省の南昌と寧波舟山港の間に鉄道輸送を開設しました。

船会社としては、コスコとマースクがこの列車のサービスを利用します。寧波舟山港は、これまでに9つの海上鉄道輸送ルートを持っています。その総量は、2020年の10か月間で812,000TEUを超えました。海上鉄道輸送サービスは、中国の15の省と地域を結び、17の鉄道路線があります。

主な貨物は、自動車部品、太陽光発電製品、家具、家電製品、電子製品などです。

次に寧波舟山港の主なコンテナターミナルをご紹介いたします。寧波舟山港には、たくさんのコンテナターミナルやバルク船を扱う港があります。ここでは、寧波舟山港の中でも、定期コンテナ航路に関係のあるコンテナターミナルをご紹介していきます。

①  NINGBO BEILUN INTERNATIONAL CONTAINER TERMINAL(NBCT)

(寧波北侖国際集装箱码头有限公司)

NBCTは、別名、「フェーズⅡターミナル」と呼ばれています。2001年に着工し、2008年に完成しました。寧波舟山港で最初の本格的なコンテナターミナルです。現在、港湾エリアで直接、鉄道にアクセスできるターミナルです。岸壁の長さは900メートルです。水深は13.5メートルです。

このコンテナターミナルの設備は次の通りです。 

バース数
 3つ
ブリッジクレーン
11基
ガントリークレーン
41基
フロントローダー
3基
スタッカー
10台
トラクター
36台
リーファープラグ
288個

(寧波舟山股份有限公司北侖第二集装箱码头分公司)

このコンテナターミナルは、2000年10月に設立されました。通称は、北二集司、別名、「フェーズⅢターミナル」と呼ばれています。岸壁の長さは、1,258メートルです。水深は15メートルあります。面積は、70万平方メートルです。

バース数                       4つの深海バース

ブリッジクレーン         18台

ガントリークレーン      58台

その他近代的なターミナル設備機器を設置しています。

③  NINGBO PORT GROUP BEILUN THIRD CONTAINER CO., LTD.

(寧波港集団北侖第三集装箱有限公司)

このコンテナターミナルは、15万トンの船を接岸できる北侖地区で更に近代的なターミナルです。舟山地区の自然の障壁により、暴風雨の影響を受けない港湾施設です。そのため年間350日の稼働を可能にしています。

水深は17メートルあります。面積は、183万ヘクタール、岸壁の長さは、3,410メートルあります。着岸できる最大船舶サイズは、16000TEU級の船舶も可能です。

バース数                       10個

ブリッジクレーン          45台

ガントリークレーン      138台

その他近代的なターミナル設備機器を設置しています。

④  NINGBO MEISHAN-ISLAND INTERNATIONAL CONTAINER TERMINAL CO., LTD.

(寧波梅山島国際集装箱码头有限公司)

このコンテナターミナル会社は、2008年9月に設立されました。岸壁の水深が17.5メートルあり、大型船の着岸も可能です。5つのコンテナバースがあり、ヤード面積は42万平方メートルあります。岸壁の長さは1800メートルです。ブリッジクレーンが20基、ガントリークレーンは、48基あります。その他近代的なターミナル設備機器を設置しています。

2013年に寧波港グループとAPMターミナルは、中国の梅山島コンテナターミナルのバース3、4、5に共同で投資して運営する契約を結びました。続いて、梅山島コンテナターミナルは、2019年10月に第9バースの建設を開始しました。

⑤  NINGBO DAXIE CHINA MERCHANTS INTERNATIONAL TERMINAL COMPANY LIMITED. (CMICT)

(寧波大榭招商国際码头有限公司)

通称:大榭ターミナル

Ningbo Daxie China Merchants International Terminal Co., Ltd.  (CMICT)は、2003年6月に設立されました。同社は、Hong Kong China Merchants International Co., Ltd. と Ningbo Port Group、およびShanghai CITIC Port Investment Co., Ltd. が共同出資した中外合弁会社です。コンテナターミナルの広さは約16億平方メートル、岸壁の長さは、1500メートルです。水深は17.5メートルです。面積は、112万平方メートルです。年間取扱量は、240万TEUです。

バース数                          4つ

ブリッジクレーン         14台

ガントリークレーン      51台

その他近代的なターミナル設備機器を設置しています。


⑥  ZHOUSHAN YONGZHOU CONTAINER TERMINAL CO., LTD.

(舟山甬舟集装箱码头有限公司)

このコンテナターミナルは、2004年2月に設立されました。岸壁の長さは、1,774メートルあります。水深が18メートルあり、超大型コンテナ船も着岸できます。面積は、238万平方メートルです。

バース数                          2つ

ブリッジクレーン          6台

ガントリークレーン      12台

その他近代的なターミナル設備機器を設置しています。

⑦  穿山港区1号コンテナふ頭

2020年7月、世界で2番目に大きいコンテナふ頭が完成しました。バース数は、11バースに増え、岸壁の長さは3,740メートルあります。年間取扱量は、62万TEUです。このプロジェクトは、2018年12月に着工し、2020年6月に完成しました。投資総額は、約5億3千万人民元です。

2020年10月12日には、21,237TEU積載のコスコ船、「中遠海運宇宙」(COSCO SHIPPING UNIVERSE)が、9番バースに停泊しました。

船名 
COSCO SHIPPING UNIVERSE
建造
2018年
積載能力
21,237TEU
全長 
400メートル
58.6メートル
喫水 
16メートル
速力 
22ノット

Share this post on

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

ー お問い合わせ ー

Popular Posts

Recent Posts

Follow Us

About FCSL

当社の使命は、国際物流を簡素化することです。 複雑、わかりにくい、規制が多い、どこにあるかわからない、コントロールできない、 そんな国際物流を簡単にご利用できるようにいたします。
Our Mission is to simplify the cross-border transportation.