海上速達便

- 海上速達便 -

【中国輸入ビジネス 入門】中国からの輸送方法

【中国輸入ビジネス 入門】中国からの輸送方法

【中国輸入ビジネス 入門】中国からの輸送方法

中国から貨物を輸入する時、主に4つの輸送方法があります

中国から貨物を輸入する時、主に下記4つの輸送方法があります

  • クーリエ
  • 航空輸送
  • 海上速達便(フェリー輸送)
  • 海上コンテナ輸送

輸送時間の正確性は一般的に

クーリエ > 航空貨物 > 海上速達便 > コンテナ船サービス

中国の主な輸出港:深セン、上海、青島、天津、大連からは上記のサービスを受けることが出来ます。

輸送料金に関して言えば 

クーリエの輸送料金はコンテナ輸送の約10倍です(単純比較)

輸送日数と輸送料金の関係は下記の通りとなります

輸送日数の目安は下記です  

クーリエ

地域差はありますが、おおよそ2-3日で輸送を完了できます

エアーカーゴ

中国の空港にて貨物の安全検査があり、2-4日間かかります

海上速達便

荷受けする地域によって輸送日数は違いますが、
上海は3日、深セン6日で輸送できます

コンテナ船サービス

輸送日数(リードタイム)は約8-10日間必要です

各輸送方法のメリット、デメリットを詳しくご紹介いたします

クーリエ      
いわゆる国際宅配便(COURIER)、基本的ドアtoドアのサービスです
運賃は基本的に高価、スピードが早く、しかも通関は簡便
4~5カートンの少量貨物、あるいは書類などの輸送に適しています
大手のDHL Fedex OCS 等サービスを展開している 

エアーカーゴー      
航空輸送(AIR CARGO)は、クーリエ同様に季節的に運賃変動があります
早く輸送できる事がメリットですが、
運賃の高さと航空機の機体スペースが限られる事がデメリットです
日中間はたくさんの航空会社が運航しています、日系のJAL 、ANA。
中国系代表的なのはCA、MU、CZなどがあります。
面白いことに、韓国系のKALやOZ等経由便でも人気があります
しかし、コロナ時期においては、クーリエと同様、航空機が飛ばなくなり、
急ぎ貨物の対応が難しくなくなっています

海上速達便        
国際フェリーを使用しているため、時間は正確、
航空輸送よりは料金が割安、大量の貨物を輸送できることもメリットです
コンテナ輸送よりは料金が高い事がデメリットです
コロナ時期に海上速達便はクーリエ代替えとして、多くの活躍を果たしてきました。

コンテナ船サービス       
最も一般的使用されているB2Bの輸送方法。
大量に貨物を輸送する事で輸送料金を抑えることが出来ます。
デメリットは時間を要する事。

余談ですが、

輸入通関は、輸送時間に最も影響する手続きです。その必要とするプロセスは、クーリエが最も簡素化されていて、航空貨物、海上貨物の輸入通関は多くの手間をとるため、通関手続きを簡素化するご要望をよく耳にします。

Share this post on

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

ー お問い合わせ ー

Popular Posts

Recent Posts

Follow Us

About FCSL

当社の使命は、国際物流を簡素化することです。 複雑、わかりにくい、規制が多い、どこにあるかわからない、コントロールできない、 そんな国際物流を簡単にご利用できるようにいたします。
Our Mission is to simplify the cross-border transportation.