Blog

ブログ

catch-img

【中国輸入ビジネス 入門】日本における輸入通関

海上速達便は海上輸送と日本の輸入通関を併せた一貫サービス

日本の輸入通関にかかわる法律、そしてその遂行はとても厳格です。

諸外国において通関業者はあくまでも輸入業者の代理人、助言者であり、輸入申告は輸入者の責任で行うといわれています。

一方日本では、申告内容の正確さについて、通関業者に対しても責任が求められています。

米国の9.11事件以降、通関業者の責務が一層重要視されています。輸入する商品に対するセキュリティ、顧客企業のコンプライアンスの遵守を理解しておくこと、反社会にかかわるかどうかの確認、輸入商品に対する適正な情報を得ておく事。これらを通じて、通関業者は社会の重要責務を担っているといえます。


日本の税関によると

関税は、歴史的には古代都市国家における手数料に始まり内国関税。

国境関税というような変遷を経てきましたが、今日では一般に、「輸入品に課される税」として定義されています。

また関税法によって、関税を納める事が義務付けられています。


輸入通関は簡単に言うと、以下の書類を必要としています 

  • Bill of Lading (通常はBLと呼ばれています)
  • Commercial Invoice
  • Packing List


輸入申告をスムーズに行えるポイント

輸入申告をスムーズに行うため、輸入者の協力を得て備えた方がよいものは

  •   輸出入者符号 

2020年時点、この符号を用いて輸入申告行えば、過去の輸入実績が税関で認められます。

正しく申告すれば、税関の内部システムでよい評価が蓄積され、今後輸入する際、税関検査が少なくなる可能性があるといわれています。

https://www.jastpro.org/code/


  •  リアルタイム口座 

税関の一つ重要な役割は、輸入商品に対し適正かつ公平に課税し、その税をしっかり徴収することです。

そのため、リアルタイム口座を保持することは、税関や代行する通関業者にとって信用のある企業との見方もあります。

https://www.customs.go.jp/tetsuzuki/mpn/mpn_direct.htm



申告時、下記のポイントに注意した方がよいでしょう。

  • 正しい、輸入用の Commercial Invoice と Packing Listを用意する

その中でも、輸入価格を実際の取引額と違うアンダーバリューにする事は、違法行為であり、税関から厳しく対処されます


  •   商品の材質や用途を正しく通関業者へ伝える 

材質の違いによって、関税率が変わり、正しく申告できていない場合、税関では申告内容の非違とします。

税関検査で発見された場合、次回の輸入時には、更に厳しいチェックを受け、輸入時の検査率が上がり、毎回検査の対象となる事もございます。

結果的に、輸入者に取ってコストと時間を負担が大きくなります。


「海上速達便」は輸入書類をクラウドにて保管

税関には事後調査という制度がありますので、

輸入の後、貿易・通関に関連する帳簿書類をしっかり保管してください。


簡単に言うと、正しく輸入申告を行っているか、事後にチェックを受ける制度です。 

              

輸入者は会社の運営経理帳簿、その輸入時の各種書類を法律に従い、保管しなければなりません。 

「海上速達便」は輸入書類をクラウドにて保管しています。

契約書やお客様の帳簿以外の書類は当社ウェブでご提供できます。

https://www.customs.go.jp/shiryo/chobo.htm


そのほかの注意事項 


商品によって、さまざまな法律が関連し、その制度を遵守しなければなりません。

食品関連や幼児用玩具への安全管理する、「輸入食品等試験成績証明書」の取得や、

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144562.html


化粧品、アメニティ、一部健康器具を輸入する際、薬機法はよく目にします。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000145


通関に関しては下記ウィキペディアに参照していただければ、全容がご理解できると思います。

  通関 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E9%96%A2


正しく申告するよう心掛けて下さい。

輸入申告は時には、煩雑な手続きの内容、商品や制度に対する知識、業務の経験を必要としています。

疑問がございましたら、ぜひ当社へ問い合わせしてください。

                     当社代表が神戸税関よりAEO授与

       当社グループ会社の中外海運倉庫株式会社がAEOを取得しました


海上速達便に関するお問い合わせ

お問い合わせ

資料ダウンロード


⁂直接お電話でのお問い合わせ⁂

東京都中央区築地7丁目5-3

03-5565-8818 担当 梁 山田 


大阪市中央区久太郎町2丁目4-11

06-6266-8867 担当 磯上 瀬崎


cs@fcstandard.com

www.d2dship.com

page top