海上速達便

- 海上速達便 -

【世界一の港:上海港】
第3章 各船会社の利用状況

【世界一の港:上海港】 第3章 各船会社の利用状況

【世界一の港:上海港】
第3章 各船会社の利用状況

上海港は世界へ輸出される貨物の起点でもあり、また世界中から貨物が入ってくるゲートウエイ(玄関口)でもあります。

上海を利用する船会社は、上海から欧州やアメリカ、アジア域内、その他の地域を航海するルートの定期航路を持つ船会社と、日中間で専門的に定期航路を持つ船会社があります。

羊山コンテナターミナルを利用する船会社については、大型船を使用する船会社が利用しています。上海及び日本の港を寄港していますが、上海~日本の日中航路としての位置づけはなく、上海からの輸出貨物及び上海への輸入貨物について、北米、欧州航路の玄関口となっています。

羊山コンテナターミナルを利用する主な船会社としては、欧州・北米航路を中心に下記の船会社が羊山コンテナターミナルを利用しています。

A.P.Moller Maersk(マースク)
MSC(エムエスシー)
CMA-CGM(シーエムエー・シージーエム)
Evergreen(エバーグリーン)
COSCO(コスコ)
Hapag-Lloyd(ハパッグロイド)
ONE(オーシャンネットワークエクスプレス)
Yangming(ヤンミン)

次に日中間に焦点を当てて、日中航路の船会社が利用している外高橋コンテナターミナルについてご説明いたします。

  • 外高橋コンテナターミナルの主な船会社の利用状況

日中間でサービスを提供する主な船会社と上海のバースの利用状況を下記にご紹介いたします。(順不同、船社名は略称で示しています)

①   COSCO(コスコ)

COSCOの日本法人は、コスコシッピングライン株式会社です。世界有数の規模を誇る海運企業である中國遠洋海運集團有限公司(コスコシッピング)のコンテナ船事業を統括する中遠海運集装箱運輸有限公司(コスコシッピングラインズ)の100%出資により設立された日本法人です。

COSCOは、日中航路、北米、ヨーロッパ、オセアニア、東南アジア、アフリカなどの地域を結ぶ定期コンテナ航路を展開しています。2016年に第2位の中国海運(集団)総公司(China Shipping)と合併し、総船舶数832隻となりました。コンテナ船はTEU換算で世界4位の規模となっています。

⑴   航路名・上海のバース
関東・名古屋/上海・長江流域フィーダーサービス
利用している上海のバース・・・外高橋1期、5・6期

⑵   航路名・上海のバース
関西・九州/上海サービス
利用している上海のバース・・・外高橋1期、4期、5・6期

②   SINOTRANS(シノトランス)

SINOTRANSの日本法人は、シノトランスジャパン株式会社です。シノトランスは、主に海上輸送事業と物流事業を手掛けている会社です。シノトランスジャパン株式会社は、中国外運対外貿易運輸総公司の100%出資により設立された日本法人です。海運だけではなく、陸運や空輸のネットワークを持ち、世界的な物流サービスの提供をしています。

⑴   航路名・上海のバース
JAPAN(関東)~NINGBO(寧波)~SHANGHAI(上海)サービス
利用している上海のバース・・・外高橋1期、5期

⑵   航路名・上海のバース
JAPAN(関西・北九州)~NINGBO(寧波)~SHANGHAI(上海)サービス
利用している上海のバース・・・外高橋1期、4期、5期

③   Jinjiang(ジンジャン)

Jinjiangの日本法人は、錦江シッピングジャパン株式会社です。上海錦江航運(集団)有限公司の日本総代理店です。国際コンテナ輸送業務においては、多数の優良航路を持ち、ホットデリバリーサービス(HDS)と呼ばれる快速の揚げ荷役にも力を入れています。

⑴   航路名・上海のバース
上海~関西サービス
使用しているバース・・・外高橋5・6期

⑵   航路名・上海のバース
上海~中部(名古屋・清水)サービス
使用しているバース・・・外高橋1期、5・6期

⑶   航路名・上海のバース
上海~九州(博多・門司)サービス
使用しているバース・・・外高橋4期、5期

④   SITC(エスアイティーシー)

SITCの日本法人は、SITC JAPAN 株式会社です。新海豊集装箱運輸有限公司(SITC CONTAINER LINES CO.,LTD)の日本総代理店として設立されました。

アジア域内専門の海上コンテナ専業船社です。現在、アジア域内で1000TEU~1800TEU型のコンテナ専用船を80隻投入し、63航路を維持しています。悪天候や港湾の悪条件をリカバリーすることに力を入れ、スケジュールの維持をはかっています。

⑴   航路名・上海のバース
関東・中京~上海・寧波・太倉サービス
使用しているバース・・・外高橋1期、4期、5期

⑵   航路名・上海のバース
関西~上海・寧波・太倉サービス
使用しているバース・・・外高橋1期、4

⑤   HASCO(ハスコ)

HASCOの日本法人は、HASCO JAPAN株式会社です。上海海華輪船有限公司(SHANGHAI HAI HUA SHIPPING CO.,LTD)の日本総代理店です。上海を基軸として、中国の主な港、大連、青島、連雲港、寧波、福州、厦門、南京、重慶、武漢などのサービスを充実し、アジア域内のサービス、香港、ベトナム、タイ、台湾、フィリピンなどへのサービス拡大にも力を入れています。

航路名・上海のバース
JAPAN-SHANGHAIサービス
使用しているバース・・・外高橋1期、5期

⑥   TS Lines(ティ・エス・ライン)

TS Linesの日本総代理店は、ティ・エス・ラインズ・ジャパン株式会社(T.S. Lines (Japan) Limited)です。台湾、香港を起点として、日本、中国、韓国、東南アジア各地にコンテナ航路を開設し、更にインド、中東、豪州に航路を広げています。

航路名・上海のバース
CSJ3・・・外高橋2期
SJX5・・・外高橋1期
SJX2・・・外高橋4期
SKU・・・外高橋4期

⑦   CCL(シーシーエル)

CCLの日本法人は、中通遠洋コンテナライン株式会社です。新中通国際海運有限公司(NEW CENTRANS INTERNATIONAL MARINE SHIPPING CO.,LIMITED)の日本総代理店です。上海を起点に海上コンテナ輸送を専門とする海運会社です。2008年に青島―九州(門司・博多)航路開設を皮切りに、中国、上海、青島と日本各港を結ぶ定期航路を開設し、充実したサービスを展開しています。

航路名・上海のバース
SJX1・・・外高橋2期
SJX3・・・外高橋2期

次章は上海港の高品質について話いたします。

Share this post on

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

ー お問い合わせ ー

Popular Posts

Recent Posts

Follow Us

About FCSL

当社の使命は、国際物流を簡素化することです。 複雑、わかりにくい、規制が多い、どこにあるかわからない、コントロールできない、 そんな国際物流を簡単にご利用できるようにいたします。
Our Mission is to simplify the cross-border transportation.